FC2ブログ

ワークチェア

ステイホームになってから、仕事用の椅子が欲しくなり(これまでは、キッチンテーブル用の椅子で代用)、GWの期間中(2020年5月3日)にニトリ藤沢店で購入。

しかしながら、納期が一か月半後の6月24日。かなりの遅れですが、このご時世、やむを得ない?

さて、当日めでたく到着いたしました。ニトリなので組み立て家具です。30分で組み立てられるとのことですが、梱包を解くのがまず一苦労。パーツひとつひとつが結構重たいです。

一時間くらいかけて組み立て完了。快適です。引き続きステイホームで勤務します。
スポンサーサイト



Reward eTicket

スタバのReward eTicket、ヘビーユーザなので、よくもらいます。このチケットがあると、700円までのドリンクが無料となります。

少し前にもチケットをもらっていたのですが、利用する前に、コロナの影響でスタバが思わぬ閉鎖。チケット利用期限になっても開店できず、あえなく期限切れ。

再開後、一度お店に訊いてみたのですが、そのとき伝えられた対処方法は、私のスマホでは確認できませんでした。

どうせタダでもらったのだからと諦めていたところに、そのようなチケットを再発行するとの連絡をもらいました。めでたく復活いたしました。

特別定額給付金 (3)

特別定額給付金についての体験談続報(おそらく最終)です。

2020年5月15日、アプリにて申請が完了したというのは既報です。

そしてついに、2020年6月11日、指定口座に振り込まれました。前日にメールをいただきました。一か月弱かかったことになります。

オンラインとは言いながら、背後に著しい人手がかかったのだと思われます。議論されている、マイナンバーカードへの銀行口座への紐づけは賛同いたします。

おはようライナー (4)

緊急事態宣言が明けて、初めておはようライナーに乗りました。7時45分藤沢発。

乗車券とは別に、520円かかるので、通常でも空いているのですが、当日(2020年6月10日)は、四人掛けボックス席にひとり程度です。つまり、乗車率は1/4。

これくらい空いていると快適なのですが、問題は採算です。JRさん、やめないでくださいね。

東京アラート

東京アラート、やはり出ましたね。想定内です。

近々、久しぶりに都内で知人と会うことになっています。予定では夕食なのですが、状況を見て判断。三密ではないと思います。

新しい生活様式

「新しい生活様式」という言葉は広まりそうでしょうか。少なくとも「コロナの時代」よりは良い。

いまの天皇陛下は私と同学年です(もちろん面識はございません)。なので、令和という元号には親近感があります。この元号は一時期その起源などでもてはやされましたが、その後コロナとなり、令和は「コロナの時代」、または同じことですが、「新しい生活様式」の時代として、将来位置づけられるかもしれません。

昭和は戦争・復興・高度成長の、まさに激動の時代でした。平成はそのあおりで多少とも停滞。それの転機となりそうなのが、令和のウイルス騒動とはなんとも皮肉なものです。

後戻りはできないので、時代が変わったのだと捉えたいです。

特別定額給付金 (2)

特別定額給付金についての体験談続報です。

2020年5月15日、アプリにて申請が完了いたしました。受け付けられたという案内メールは来たので、受理されたと理解。その後、エラーが起こったという連絡もありません。では、振込は結構早い?

さて、昨日(5月27日)、外出時についでに銀行に出向き、当該通帳に記帳してみました(オンラインバンキングはやっていない)。しかるに、まだ給付はなされていませんでした。申請から12日経ちますけどね。まあいいですけど...たぶん入力チェックにてんてこ舞いなのだと思います。

コロナウィルス (8)

コロナウイルスによる緊急事態宣言、神奈川が足を引っ張っていましたが、まあいいや、ということで、解除されました。

しかし、宣言が解除されたとしても、元の生活には戻れないでしょう。というか、戻らなくてよい。

首都圏の通勤電車の混みようは異常でした。私はあたりまえと思い、人生の大半を通勤に費やしてきたのですが、ステイホームになってから、自分がどれほどバカげたことをしていたのかがわかりました。

会議だって、オンサイトでなくても大丈夫。オンラインのほうが都合のよいときもあります。周囲の雰囲気がわからないので、それを気にせず発言できますし(KYになれる)、あまり自身に関連のない話が進んでいるときは、「内職」が堂々とできます(パラレルで効率がよい)。オンライン飲み会にあっては、終了後電車で帰る必要はなく、終了後にすぐ寝られます。

強制的にされないとわからないことがあるという、よい見本でした。いろいろと先入観・偏見があったということです。

特別定額給付金

特別定額給付金についての体験談です。

私はアナログ系なので、申請用紙が郵送されてから、ゆっくり手続きすればよいと思っていました。しかるに、連れがスマホでできるということを聞きこんで、必要なアプリなどの情報を教えてくれました。

私はマイナンバーカードは持っているので、いちおうできそうですが、スマホとカードを通信させないといけません。すべてのスマホでできるわけではないので、私の安いスマホは適用外だと思いこみました。

とはいえ、いちおうアプリをダウンロード、マイナンバーカードとの通信を試みました。すると、なんとできました。こんな機能が私のスマホにあったんだ...

さて、個人認証が完了したので、入力をどんどん進めていきました。最後が電子証明書です。これの暗証番号を求められました。どうせいつもの4桁だと思って入力したら、エラーです。むむ、なぜかとよく見ると、6~16桁となっています。こんなものがあったのかと、かつてカードを作ったときの書類を引っ張り出してみると、確かにありました。ただ、この暗証番号はこれまで使ったことがありません。

恐る恐る入力してみると、最後の関門を突破、めでたく電子申請が終わりました。カードの普及率がイマイチの今日、これで申請できた人の割合はどれくらいなのでしょうか?結構低いような気がします。

-------------------------------------------

そうしたところに、ニュースで「オンライン申請で入力ミス続出」という報道を目にしました。これは想定内です。マイナンバーカードを使っているにも関わらず、入力項目が多すぎます。振込口座の指定にしても、私は税金を口座引き落としにしているので、行政側は私の口座を知っているはず。そういう既知の情報の入力も省けるとよいですね。行政側もチェックに手間がかかるということであれば、なんのためのマイナンバーカードなのでしょう。意味が薄れますね。

GW休暇 (6)

明日(2020年4月29日)から、5月6日まで、本BLOGをお休みいたします。8連休です。まさかのステイホーム。

当社は、5月7日から営業いたします。

コロナウィルス (7)

コロナウイルス、一時期対応が緩みましたが、ここにきてまた厳しくなっています。まさにパンデミックですね。映画を観るようです。

コロナに打ち勝とうというスローガンが世界的に起こっています。そのとおりだと思います。

一方ではこうも考えます。コロナというのは、自然がヒトに放った警告ではないかと。このままヒトの文明がエスカレートすると、自然はおかしくなってしまいますよ、ということ。

ヒトの行き過ぎた行動に対して、自然はブレーキをかけてくれます。考えすぎかもしれませんが、ヒトも自然の一部。

新年度始まり (9)

本日(2020年4月1日)は、新年度の始まりです。

今年の新卒さんは、昨年同様、6名です。過去最高に並びました。

本社である大阪・守口には、5名が入社いたします。横浜オフィス配属は、ひとりです。

たいへんな時期での入社となってしまいましたが、メゲずに頑張ってほしいと思います。

コロナウィルス (6)

コロナウイルス、恐るべし。ついに東京オリンピックが延期となりました。

これは想定されたことですから、思いのほか受け止めは冷静です。関係者の方々、おつかれさまです。

私の興味は選手選考です。すでに内定が決まった人は、原則そのままにすべしというのが、持論です。また選考をやるというのは現実的ではありません。特にマラソン。

ただ、世界ランキングなどで自動的に決まるものはこの限りではないですね。ギリギリ漏れた人も、チャンスが出てきたわけです。これは他人事としては面白い。

コロナウィルス (5)

2020年3月22日(日)付朝日新聞朝刊32ページに、iPS細胞の山中伸弥教授が、コロナに関するホームページを開設したとの記事がありました。どれどれと、さっそく覗いてみました。

「エビデンスの強さごとに見る新型コロナウイルス」というページがあり、以下のように分類されています。

1)エビデンスがあり、正しい可能性が高い情報
2)正しい可能性があるが、さらなるエビデンスが必要な情報
3)正しいかもしれないが、エビデンスが不十分な情報
4)今後の対策のため、早急にエビデンスの収集が必要な事項

さすが科学者の分類です。ちなみに、「マスク着用は感染拡大の低下に貢献している」は、3)に分類されています。

PRIFILEは、以下のように記載されています。

「幹細胞の研究者です。感染症や公衆衛生の専門家ではありません。しかし甲子園の中止が決まった時の高校生の立派な対応をみて、心が震えました。新型コロナウイルスに対して、医学研究者として出来る貢献を少しでもしたいと思います。」

コロナウィルス (4)

ものつくり大学から来年度の授業日程をいただきました。

ただし、このところのコロナ騒動。大学も対応に四苦八苦しているようです。いまは四月から予定通りの開講ですが、今後の情勢でどうなるのか不透明とのことです。

最新の状況は、適宜大学のウェブでチェックいたします。予定では初回は2020年4月14日です。

コロナウィルス (3)

コロナ騒動でサッカーも中止となっています。

そうしたところに、この週末(2020年3月8日)、茅ヶ崎の柳島スポーツ広場が取れたということで、これが3月唯一のサッカー機会。この広場は人工芝なので人気があります。

ただし、この広場も翌日から使用が禁止されます。実際のところ、取れた理由も、先約がキャンセルになったからとのこと。

私はプライベートな理由により参加は見合わせたのですが、あいにくの雨ですね。午前中はテレビで名古屋ウィメンズマラソンを観ました。土壇場の内定に向け、快走を楽しみました。確かこの方は、正月のなにかの大会でアンカーで優勝しましたね。

コロナウィルス (2)

2020年3月3日、身内に不幸がありまして、ちょっとバタバタしております。

3月6日に諸行事を執り行うことにしたのですが、このご時勢、いろいろと勘案することがあります。

葬儀屋さんやお寺さんと協議をしまして、お通夜や葬儀はやめて(これはお寺さんの反対にあった)、出棺前にお経を読んでいただき、そのあと初七日をやります。ちょっと窮屈ですが、結果オーライと思っています。話ができる機会が多いですし、あまり形式ばったのは好きではありません。

天気がよければ文句なし。いまのところ天気はよいみたいです。

コロナウィルス

コロナウイルス、各地で影響が出ています。

私については、3月のマラソン大会ふたつが中止となりました。残念ですが、これはやむを得ない。この大会がたまたまサッカーと被っていたので、ではサッカーをやるか、と思ったところ、グラウンドを借りている小学校が休校なので、グラウンドも閉鎖となりました。

ちょっと先が見えなくなってきています。早く鎮静してほしいものです。

魚金会 (8)

数学愛好者による「魚金会」、10回目が2020年2月24日に開催されました。引き続き「リーマン幾何学」です。当面この話題が続きます。

今回は、レビ・チビタ接続など、細かな接続の話です。計算の連続で、私にはしんどいです。後半は聞き流しとなりました。

結論として、やっとリーマン計量テンソルが得られました。そのあと縮約などをやります。

恒例の飲み会は、JR渋谷駅新南口付近の魚金。今回は五人です。天皇誕生日の振り替えで、本日も前回に続き休日。空いてました。

22:31渋谷発湘南新宿ラインにて帰宅いたしました。

ロボデックス

先週(2020年2月14日)、ロボデックスに行ってきました。各種ロボットの展示会です。東京ビッグサイトにて。

前もって特に観たいと思うものはなく、さっと通り過ぎようとしていたのですが、あるブースに眼が止まりました。オランダ製のパワースーツを扱っている会社なのですが、なんと電源が不要。なんでも、装着しているヒトの動作がエネルギ源とのことです。たちまち人だかりができました。

プレゼン終了後、デモに六台のスーツが用意されているということで、体験者が多く名乗りを挙げていました。私は体験はしませんでしたが、パンフはいただきました。今後の反響が楽しみです。

サンライズ出雲 (3)

東京駅から乗ったサンライズ出雲は、時刻通り、昨日(2020年1月23日)、出雲市駅に到着いたしました。9:58着。

今回きっぷは、自分で窓口で取るのに自信がなく、JTBにお願いしました。そのときは、取れるかどうかわからないと言われました。人気の路線だそうです。

しかしながら、今回は空室がありました。水曜日というド平日ですし、特に観光の季節ではなかったということでしょうか。

サンライズ出雲 (2)

昨日(2020年1月22日)、東京駅からサンライズ出雲に乗りました。22:00発。

B個室シングルです。思ったよりも狭かったですが、すぐに慣れました。個人的空間としては十分。

寝巻に着替えると、すぐに検札が来ました。以後は来ないということを確認。

しかし、これは楽しいです。また乗るかも。

サンライズ出雲

本日(2020年1月22日)は、念願の、サンライズ出雲に乗ります!

明日23日は出雲で終日を過ごし、明後日24日は鳥取に移動、某学会・某委員会に出ます(飲み会ですが)。25日は京都に移動、こちらはきちんとした打ち合わせです。

相鉄線直通 (3)

先日の日曜日夜、新宿から藤沢に帰宅することになりました。

21:20発湘南新宿ライン大船行きを目指したところ、これがなんと10両です。私は10両には乗りません。混みますから。さて、どうしよう...

すると、21:17相鉄線直通がありました。この電車は空いているのです。なので、まずはこれで武蔵小杉まで。

武蔵小杉に着くと、次が21:41発湘南新宿ラインです。これがまさに、私が新宿で乗ろうと思い、やめたヤツ。これをパスすると、すぐに21:43発横須賀線(15両)が来ました(この電車は新宿で待っていても乗れない)。これで戸塚まで行き、東海道線に乗り換え(ホームが同じなので、戸塚で乗り換えるのは常識)。なんと、21:23に藤沢に到着。

二回乗り換えて、新宿-藤沢を1時間強で行けたというのは、かなりの達成感でした。

魚金会 (7)

数学愛好者による「魚金会」、九回目が2020年1月13日に開催されました。

今回のテーマは引き続き、「リーマン幾何学」です。

共変微分について、まずは一般的な話が展開されました。ここから制約を課していくと、相対論で登場するところの共変微分に到達します。なるほど~でも、添え字を勘弁してほしい。頭痛がしてきます。

飲み会は、恒例のJR渋谷駅新南口付近の魚金。今回は六人集まりました。成人の日で休日なので、空いてました。これはよいと、来月も休日のリクエスト。

22:49渋谷発湘南新宿ラインにて帰宅いたしました。

新年のご挨拶 (10)

あけましておめでとうございます。本年(2020年/令和2年)も、よろしくお願いいたします。

私の年末年始イベントは、以下のとおりでした。

28日:大阪にて、U大Y先生Garminチャレンジ対応15キロラン。夜は、知人のご子息(音大在学中)のピアノコンサート。
29日:大阪より帰京。在来線の乗り継ぎにて。10:00大阪→11:30京都→12:30米原→13:11大垣→15:07豊橋→16:21浜松→19:09熱海→20:11藤沢。途中でメシとかコーヒーブレイクしたので、10時間かかりました。
30日:風呂の掃除。正月の宿題。12キロラン。
31日:窓の掃除。西鎌倉・青蓮寺まで9キロ(鐘はつかなかった)。正月の宿題。
01日:朝ラン9キロ。そのあと両親入居の大船ホームへ、連れと息子、姉妹の5人で押しかける(昨年と同じ)。
02日:箱根駅伝をテレビで観戦。そのあとランニング14キロ。
03日:連れは仕事。私は外出、仕事の準備。ガーミンの充電ができなくなり修理に出す。
04日:私は外出、仕事の準備。娘が来襲。Garminチャレンジは14人中8位。
05日:早朝サッカー。脛を蹴られ、救急病院へ。この年を象徴する出来事?

納会 (8)

本日(2019年12月27日)は、守口本社(大阪)にて納会です。15時からの予定です。昨年に引き続き、今年もまいります。

それでは、みなさまにとりまして、来年は(も)良い年となりますように!正月が明けましたら、適当にBLOGを再開いたします。

おはようライナー (3)

毎朝乗っている、おはようライナーですが、最近、発車時刻が変わりました。

旧:7時40分
新:7時45分

たった5分の違いなのですが、私にとってよいことがふたつありました。

ひとつは、家を出る時刻が10分伸びたこと。これは、藤沢駅に着くための小田急線の都合によります。

もうひとつは、なぜか以前より空いていること。5分程度の違いなので、同じ人が乗るのかと思っていたら、どうもそうではないようです。朝の5分の違いは、人によってはクリティカル?

魚金会 (6)

数学愛好者による「魚金会」、八回目が2019年12月16日に開催されました。

今回のテーマは引き続き、「リーマン幾何学」です。担当はMさんですが、K先生も参入です。分業がよいのではと、事前に議論されました。

平行移動・共変微分・測地線など、おなじみの話題をひととおり終えました。もちろん難しいです。

K先生が、ポアンカレ計量についての測地線の求め方を解説されました。数学的なエレガントなもので、私にはよくわからなかったのですが、これは変分法でも解けそうです。そのように訊いてみると、K先生は変分法はご存じではなかった。変分法はどうも数学業界での共通のツールではないようです。

飲み会は、恒例のJR渋谷駅新南口付近の魚金。今回は売り切れ品が多かったですが、コスパがよく満足です。Mさんは次回はお店を変えたいようですが。

22:30渋谷発湘南新宿ラインにて帰宅。

相鉄線直通 (2)

先日、恵比寿駅から帰宅するときのことです。通常は湘南新宿ラインを使うところ。

そこに、最近登場した、相鉄線直通が来ました。武蔵小杉までは同じです。空いているので、これに載ってみました。

新しい車両なので、快適です。もっと乗りたいところでしたが、ムサコでやむなく下車いたしました。
プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~2020年10月
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第四期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(委員)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード