FC2ブログ

第35回TAMAハーフマラソンat FUTAKOBASHI顛末記

第35回TAMAマラソンat Futakobashiを走りました。2018年12月1日、ハーフです。

前回のリベンジです。その顛末はこちらです。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-2134.html

当日は快晴。天気のよいのは好きですが、少し暑いかも。

16キロ付近までは2時間を切るペースで進みましたが、あと5キロでダレました。前回のような故障はなかったのですが、単にバテたということです。最近走る距離が少ないので、当然の結果です。

記録は、2時間7分。悪いですが、少なくとも前回の大ワーストは塗り替えました。これが目的での参加。
スポンサーサイト

第8回神戸六甲縦走トレイルラン2019

恐怖の、「神戸六甲縦走トレイルラン」の案内が、メールで来ました!昨年の顛末記はこちらです。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-1998.html

普通のフルマラソンであれば、翌日にはダメージはほとんど残らないのですが(少なくとも普通に歩ける)、このときは、一週間くらいダメージを引きずりました。

なので、おそらくですが、申し込みはいたしません。気がおかしくならない限り...

横浜マラソン2018顛末記

2018年10月28日、予定どおり、「横浜マラソン2018」が開催されました。昨年は台風で中止だったので、それのリベンジです。

最初は抑えて、というか、人混みで走れず、キロ6分半ペースです。しかるに、このペースが幸いして、前半なんとかこれで乗り切りました。

さて、後半です。いつものように、やはり低速走行がもたず、25キロ付近から、歩いたり走ったりの繰り返しとなりました。結局、ネットで5時間ちょうど。平均でキロ7分でした。

コースですが、みなとみらい地区と新杉田付近を往復します。帰りは首都高速を走りました。

天気はよく、昨年のメダルももらいました。一年間どこかに保管してあったわけですね。めでたしです!

今後のマラソン予定 (34)

マラソン予定のアップデートです!

1)横浜マラソン2018(フル、神奈川、2018年10月28日)←初、連れと
2)TAMAハーフマラソンat FUTAKOBASHI(ハーフ、神奈川、2018年12月1日)←二度目、単独

1)は、昨年台風で中止になったリベンジです。今回は天気はだいじょうぶそうです。
2)は、前回大ワーストだったので、記録を塗り替えるためのリベンジ。

第34回TAMAハーフマラソンat FUTAKOBASHI顛末記

第34回TAMAマラソンat Futakobashiを走りました。2018年10月6日、ハーフです。

台風が来ていたので、天気が気になりましたが、雨予想が曇り予想となり、当日は快晴。気温は30度くらいありそう。イヤな雰囲気...

15キロまでは1時間半で通過しました。さて、ここからです。残り6キロで70分かかりました。これはどういうことかというと、17キロ付近で太ももがつってしまい、脇で座って休んだのですが、これが敗因。両足がまるで動かなくなりました。

その後は歩いたり止まったりを繰り返し、ゴール付近でやっと回復、いちおう走って終わりました。記録はこれまでのハーフでは圧倒的ワーストの、2時間41分。制限時間は3時間なので救われました(通常の大会は2時間半です)。

この大会は月例なので、さっそく12月にリベンジの申し込みをしました。11月は休みのようです。

今後のマラソン予定 (33)

マラソン予定のアップデートです!

1)TAMAハーフマラソンat FUTAKOBASHI(ハーフ、神奈川、2018年10月6日)←初、単独
2)横浜マラソン2018(フル、神奈川、2018年10月28日)←初、連れと

つまり、10月にハーフとフルを走ります。そろそろ準備しよ!

イニエスタ (2)

先日(2018年7月22日)、Jリーグの神戸-湘南戦で、イニエスタをテレビで観たという話をしましたが、

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-2087.html

今回(2018年8月19日)、ナマで、同じ試合を観戦する機会がありました。平塚競技場は超満員。これまでの最高記録かも?

結果は、イニエスタとポドルスキがそれぞれ絡んで、2-0で勝ちました。どっちがホームなのか、わかりませんでした。

イニエスタ

先日の定例サッカー(2018年7月22日)終了後、これも恒例の、サッカー仲間のお店でビールを飲んでました。

18時から、Jリーグの神戸-湘南が始まりました。これが、イニエスタの日本でのデビュー戦です。試合会場は満員。当たり前か。

すでに湘南が2点リードの後半、イニエスタが登場しました。ボールをキープすると、雰囲気が変わります。何度か惜しい連携がありました。これがバルサだったら決まるんだろうな...などと思いつつ、今後が楽しみになりました。

すでにピークは過ぎていますが、最後のキャリアを充実して送ってほしいです。

FIFAワールドカップ2018 (12)

FIFAワールドカップ2018決勝、フランス対クロアチアは、4-2でフランスが勝ちました。

クロアチアを応援してはいましたが、この結果は妥当でしょう。フランスは強かった。

試合は深夜0時からナマで観ましたが、睡魔が襲い、断続的に意識がありませんでした。なので、終了後、再度録画で。

FIFAワールドカップ2018 (11)

FIFAワールドカップ2018準決勝の第2試合、クロアチア対イングランドは、2-1でクロアチアが勝ちました。

1-1のまま延長戦に突入。延長後半にクロアチアが決勝点を入れ、そのまま試合終了。

実はこの試合、午前3時に起きる気力がなく、今朝録画を早送りで観ました。

決勝は、フランス-クロアチアとなりました。順当にいけばフランスなのでしょうが、ここはクロアチアを応援します。これまでのワールドカップでは、クロアチアのような小国が優勝したことはありません。ユーロと違うところです。

FIFAワールドカップ2018 (10)

FIFAワールドカップ2018準決勝の第1試合、フランス対ベルギーは、1-0でフランスが勝ちました。

試合内容は、まったくの互角。フランスが1点取ってからは、文字通り目が離せない試合となりました。

アザールに最後のところで仕事をさせない、反則を取られてもおかしくない、フランスの守備が固かった。アザールは孤軍奮闘、ルカクとデブライネは不発。

ベルギーは優勝できるメンバを揃えましたが、またもベスト4で撃沈。ワールドカップの初優勝は敷居が高い。1998年のフランスしかり、2010年のスペインしかり。

最後はファウルが目立ちました。理解はできますが、ベルギー-日本戦のフェアな試合を観たあとでは、少し後味が悪かった。

FIFAワールドカップ2018 (9)

FIFAワールドカップ2018準々決勝の結果は以下のとおりでした。

ウルグアイ×0-2○フランス
ブラジル×1-2○ベルギー
ロシア×2-2○クロアチア
スウェーデン×0-2○イングランド

私の予想は、またまた3勝1敗でした。さて、準決勝の予想です。

フランス○2-2×ベルギー

ともに南米勢を破った優勝候補同士。事実上の決勝戦。どちらが勝ってもおかしくない。

クロアチア×1-2○イングランド

1966年自国開催での優勝以来のチャンス到来で、クロアチアを応援したいものの、イングランドに軍配。

FIFAワールドカップ2018 (8)

ワールドカップの話が続きます。仕事はしているつもりですが、寝不足気味...

ベスト8が出揃いました。また予想です。当たらないけれど(ちなみに、決勝Tの後半戦4試合の予想は、3勝1敗)。

ウルグアイ×2-3○フランス
ブラジル○3-2×ベルギー
ロシア×1-1○クロアチア
スウェーデン×0-2○イングランド

個人的には準々決勝が面白い。全て好カードですから。

FIFAワールドカップ2018 (7)

この深夜(2018年7月3日)行われた、FIFAワールドカップ2018決勝トーナメント、日本対ベルギーは、2-3でベルギーが勝ちました。

原口、乾の素晴らしいシュートで、まさかの2点先行。この展開を、世界の誰が予想したでしょう。ベルギーの反撃を食うも、その後も互角に渡り合う展開。どこかで日本に3点目が入ってもおかしくなかった。

最後の本田のフリーキックは枠を捉えており、やはり彼は一流のキッカー。直後にカウンターに合い、決勝点を決められましたが、激戦の最後にふさわしいものだったと思います。

初のベスト8には届きませんでしたが、十分に楽しませてもらいました。

FIFAワールドカップ2018 (6)

決勝トーナメントの組み合わせが決まりました!すでに、4試合の結果が出ています。

フランス○4-3×アルゼンチン
ウルグアイ○2-1×ポルトガル
スペイン×1-1○ロシア
クロアチア○1-1×デンマーク

フランス-アルゼンチン戦は死闘でした。クロアチア-デンマークは、中盤はミスの多い凡戦でしたが、PKは盛り上がりました。双方のキーパが秀逸。

以下は、私の予想です。日本戦は、予想ではなく、期待+応援...

ブラジル○2-1×メキシコ
ベルギー×1-1○日本
スウェーデン○2-1×スイス
コロンビア×1-2○イングランド

FIFAワールドカップ2018 (5)

この深夜(2018年6月28日)行われた、FIFAワールドカップ2018日本第三戦、対ポーランドは、0-1でポーランドが勝ちました。

最後の展開は、賛否両論があるでしょう。コロンビア-セネガル戦が、コロンビアが勝っているという情報が入ってから、日本は負けてもよかった。ポーランドもすでに勝っているので、これ以上攻める動機がない。というわけで、両者の思惑が合致し、ボールキープに終始。

決勝トーナメントは、ベルギーです。いまの日本には、強すぎる相手。

FIFAワールドカップ2018 (4)

ポーランドが第三戦を残して、早々と敗退が決定。下馬評では、コロンビアとポーランドが残るとの予想が高かったので、これは意外。

さて、第三戦ですが、日本が決勝Tに行くためには、引き分け以上であればよいと報道されています。その通りですが、では、負けたときは?

日本が負けたときですが、これは他力本願(コロンビア-セネガルの結果次第)となります。以下、3パターン。

1)まずは、セネガルがコロンビアに勝てばよろしい。

2)では、両者が引き分けたときは?まずセネガルが決勝T進出です。このときは、日本とコロンビアの比較になりますが、勝ち点は4で同じです。次は、得失点差の比較になりますが、コロンビアが引き分けるということは、現状の+2です。対して、日本は現状+1ですが、負けるということはそれ未満になるわけですから、コロンビアが決勝T進出。

3)では、コロンビアがセネガルに勝ったときは?これが最も可能性が高いと思います(コロンビアは勝たないといけないので、死ぬ気でくる)。この場合は、セネガルと日本が勝ち点4で並びます。現状、得失点差は同じ。もしも同じ得失点差で日本とセネガルが負けた場合、総得点の比較です。これも同じ場合、日本-セネガル戦の結果によりますが、これは引き分けです。ここから先は、ほとんど例がないので、よくわかりません(ネットに記事がある)。いずれにせよ、この場合が最もややこしい。

このようにクリティカルなので、日本-ポーランド戦とコロンビア-セネガル戦は、同時進行。目が離せません!

FIFAワールドカップ2018 (3)

この深夜(2018年6月24日)行われた、FIFAワールドカップ2018日本第二戦、対セネガルは、2-2の引き分けでした。

1-1のあと、大迫、乾と決定的なシーンがありました。イヤな展開となり、案の定失点。

日本の同点弾は交代出場の本田でした。よく決めました。決して簡単なボールではなかった。

第三戦は28日、対ポーランドです。

FIFAワールドカップ2018 (2)

昨晩(2018年6月19日)の、FIFAワールドカップ2018日本初戦、対コロンビアは、大方の予想に反して、日本が2-1で勝ちました。

開始早々のPKはラッキー。退場だと二重のペナルティになるので、どうかな~と思いましたが、まあいいや。日本が先制。

そのあとが、日本の悪い癖が出ました。守れるわけがないのに、攻撃の意欲が薄れ、案の定、失点。

気を取り直して、一点取りましたが、運がよかったと思います。

私はサッカー仲間と、チームメートのお店で飲みながら観戦。楽しいひとときでした。盛り上がりました。

FIFAワールドカップ2018

本日(2018年6月19日)は、記念すべき、FIFAワールドカップ2018の日本初戦です。

相手はコロンビア。前回大会で、力の差を見せつけられました。

夜は、サッカー仲間のお店で観戦します!

第9回南魚沼グルメマラソン顛末記

先日(2018年6月10日)、第9回南魚沼グルメマラソン(ハーフ)に連れと参加してきました。なぜか息子も飛び入りで参加。二年連続四回め。過去の記事はこちらです(↓)。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-1822.html
http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-1117.html
http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-878.html

前泊は、過去三回と同じく、六日町の温泉宿「湯元館」。定宿です。

数日前の予報では、雨を覚悟していましたが、そのあとどんどん回復傾向となり、当日はなんと晴れ。この大会、なぜか天気には恵まれます。タイムですが、前半少し速めに行ったのがアダとなり、後半失速、二時間をオーバーしました。暑かったです。

ランは前座で、そのあとの食事がメイン。前回の知見を元に、まずご飯を盛ってもらい、すぐにイクラ売り場に行きました。イクラ丼で、ビールもゲット。最高です。調子に持って、同じセットをもう一度。前回はイクラはすぐに売り切れてしまったのですが、今回は仕入れが多かったようで、二度目にありつけました。言うことないです。

恒例の、松任谷正隆コンサートも、楽しかったです。裏話とオークションが面白い。当たり前ですが、ピアノもうまい。

ちなみに、この大会のプロデューサは、福田六花というかたです。医師で音楽家でアスリート。ただものではありません。

軽井沢ハーフマラソン2018顛末記

週末(2018年5月20日)、「軽井沢ハーフマラソン2018」に参加してきました。5回目(2012/2015/2016/2017/2018)です。今回も、連れとの参加。昨年、参加したときの記事はこちら(↓)です。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-1808.html

今回は、新しい試みとして、中軽井沢のペンションに泊まりました。これは結果的に正解でした。

当日の朝は寒かったです。走る格好で、中軽井沢駅までペンションの方に車で送ってもらい、しなの鉄道で軽井沢駅下車。

結果ですが、気温が低かったこともあり、ネットで2時間を切れました。これは御の字。

いったん中軽井沢のペンションまで引き上げ、シャワーを使わせてもらいました。そのあとは、中軽井沢の静かな雰囲気を堪能しました。駅構内に図書館があるのですが、ここで読書。オマケとしては、偶然昼食に入ったレストランのオーナと、ペンションのオーナが兄弟。これにはビックリ!

今後のマラソン予定 (32)

マラソン予定のアップデートです!

1)軽井沢ハーフマラソン2018(ハーフ、長野、2018年5月20日)←4年連続5回目、連れと
2)第9回南魚沼グルメマラソン(ハーフ、新潟、2018年6月10日)←4回目、連れと
3)横浜マラソン2018(フル、神奈川、2018年10月28日)←初、連れと

神戸ではたいへんな目にあいましたので、しばらくは普通のマラソンが続きます。

第7回早春の神戸六甲縦走トレイルラン2018顛末記

この週末(2018年3月10日)、六甲縦走トレランに参加いたしました。40キロ。トレランは初めてです。

天気が心配されましたが、雨が前日までに通過、当日は快晴でした。天気がよいのは嬉しい。

トレランって、山ではありますが、結構なだらかな道を走るのだと思っていましたが、これはとんでもないコースで、ほとんどが急な登りか下りです。チェーンを握らないと登れないところもありました。14キロの関門地点で、すでに足は動かなくなりました。

各関門では、公共のバスなどに乗り継げるようになっているので、リタイアする人も多かったような気がします。

結論としては、こんなつらいレースは初めてでした。たぶんもうやらないと思います。六甲から見る景色は素晴らしいのですが、前半はともかく、後半はそれを楽しむ余裕はありませんでした。

今後のマラソン予定 (31)

予定のアップデートです!

1)第7回早春の神戸六甲縦走トレイルラン2018(40キロ、兵庫、2018年3月10日)←初、単独
2)軽井沢ハーフマラソン2018(ハーフ、長野、2018年5月20日)←4年連続5回目、連れと
3)横浜マラソン2018(フル、神奈川、2018年10月28日)←初、連れと

3)は、昨年台風でキャンセルとなったので、優先枠で申し込みました。料金はちゃんとかかります。

1)のために、トレラン用シューズを買いました。

平昌オリンピック (3)

平昌オリンピック、女子団体パシュート(team pursuit)、日本が金メダルを獲りました!

これも予想されたことではありますが、これまでの努力はすばらしいものがありました。これを知ったのは、確かNHKの番組でしたが、オランダ人監督が、さまざまな策を編み出し、記録を限界まで伸ばしていったわけです。

ソチではオランダに完敗した日本。見事すぎる逆転劇でありました。

平昌オリンピック (2)

平昌オリンピック、小平選手が500メートルで金メダルを獲りました!

W杯15連勝なので、当然といえば当然の結果なのでしょうが、おめでとうございます!

平昌オリンピック

平昌オリンピック、観てます!

まだ金はありません。銀はかなり獲れていますが、銀を獲った選手の気持ちは揺れていますね。いずれも、金を取れる可能性はあったわけですから。高木しかり、小平しかり、渡部しかり、平野しかり...

このようなインタビューを聴くのは楽しいです。感動的でもあります。

小平選手の1000メートルは惜しかった。関連記事はこちらです。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-1793.html

第8回湘南藤沢市民マラソン2018顛末記

2018年1月28日(日)、第8回湘南藤沢市民マラソン2018に参加してきました。10マイルです。

この大会は、自宅からスタート地点までの距離が、最も短いものです。スタート1時間前に自宅を出て、小田急で片瀬江の島駅まで。そのあと徒歩で、江ノ島大橋を渡ります。

このところの寒気で、寒いです。冬でも通常はアンダーとTシャツ二枚で走りますが、今回はその上にもう一枚着て走りました。

キロ5分30秒を少し切るペースでゴールしました。10マイルは最初から最後まできちんと走れるので、快適です。

ゴール後はすぐに帰宅しました。風呂に入り、12時からの大阪国際女子マラソンを観ました。このレースは面白かったです。後半、少し雪が舞っていましたね。

キックオフの謎 (2)

先日の記事にて、

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-1965.html

「前に蹴って、しかも自陣ゴールに入るとは??」、と問題提起をいたしました。

過去に事例が存在したかどうかは不明ですが、考えられるのは、すごい強風で、前に蹴った瞬間に押し戻され、自陣ゴールに入るというもの。まあ、あり得ませんね。そのような強風が起こり得るのかという疑問と、もしもそのような強風(ハリケーンなど)であれば、とうぜん試合は中止となる。

それでも考えていると、こういう可能性がありました。それは、キックオフを非常に強く蹴り、それが主審のアタマにあたり(審判は、プレーにおいては存在しないオブジェとして扱われる)、跳ね返って自陣ゴールに入る、というものです。まあ、これもないか...
プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM・SIGGRAPH(Professional Member)/情報処理学会(正会員、CVIM会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)/URCF(特別会員)

----------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード