FC2ブログ

SIGGRAPH[ASIA]2015 (4)

来週は、SIGGRAPH ASIA 2015(神戸)、ですが、その前に、マラソンの前夜祭があります。第19回大阪・淀川市民マラソンです。これは、2015年11月1日。前日とは、よく考えましたね。あ、偶然か。このマラソンと、SIGGRAPH ASIA両方に参加する人、他にいるのだろうか?

マラソン受付のため、前日(10月31日)入りしますが(そうでなくても前日入りしますが)、予約していた飛行機がキャンセルになったと、航空会社から連絡がありました。こんなことは初めてでしたが、ちゃんと振替ができました。しかも、協力料で、おカネも貰えるとのこと。幸先よい。

悩んだのが、マラソン後の夜、前泊した大阪の宿にとどまるか、それともその日のうちに神戸に移動するか。長らく、この日はダブルブッキングしていましたが、大阪にとどまることにしました。次の朝がちょっと慌ただしいですが、フルを走ったあとは、近くでちょっとのんびりしたいということで。
スポンサーサイト

御殿場時之栖シニアサッカー大会 (5)

恒例のスポーツイベント、「シニアサッカー大会(御殿場・時之栖)」ですが、2015年の今年は残念ながら、春(6/27-28)/秋(10/24-25)ともに不参加でした。週末の予定が、妙に立て込んでしまった...

それでも、秋のほうは、反省会(というか、単なる飲み会)に参加しました。大会二日目の夜、地元(私のではない、チームメイトの)の茅ケ崎のお店です。恒例のビデオ上映も、お店のモニタを借りて決行!私と言えば、参加していないので、何でも言えるわけです。普段はおとなしい私ですが、珍しく饒舌になってしまった。

会の最初に、チーム事務局長N氏より、これまでの通算戦績が発表されました。なんと、100試合近くやっています。結果はほぼ五分五分。ところで、N氏によると、残念ながら、2010年秋の戦績だけがわからない、とのことでした。そこで、過去のBLOG記事を調べると、以下にちゃんとありました。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-239.html

たまには役に立つということです。

SIGGRAPH[ASIA]2015 (3)

SIGGRAPH ASIA 2015(神戸)、いよいよ来週に迫ってきました(11月2日~5日)。場所は神戸コンベンションセンター。

先日、某学会の見学会で、北村喜文先生(東北大)にお会いしました。Conference Chairです。バッジをもらいましたので、柄にもなく、安ジャケットの襟に付けました。これを着て、参加することにします。

Work Rules !

Laszlo Bockが書いた、"Works Rules ! - Insights from inside Google that will transform how you live and lead"、ベストセラーですよね。must readのはず。

原書も2015年、翻訳も2015年、ということで、米日同時発売?実は私は両方購入してしまった。英語の勉強にと、まず原書を買ったのですが、やはりエッセイタッチのは、私の読解力では怪しいので、翻訳も買いました。

ここまで準備したにも関わらず、まだ未読です。読まなければならない本が多いというのが言い訳ですが、仕事場には翻訳、自宅には原書を置いて、臨戦態勢ではありますが...

パソコン修理 (5)

某S社のパソコン、なんとかタイマーに悩まされ、昨年(2014年)末、某T社に乗り換えました。迷いましたが、しかたがない。

さて、そろそろ一年、というときですが、少し前から画面に縦線が出たり消えたりするようになってしまった。だましだまし使っていたのですが、ついに、真ん中の一筋の縦線、これが消えなくなった。

たまたま、某T社のひとと一緒になったとき、この現象について訊いてみたところ、「加納さん、これは早く直したほうがいいですよ!メーカ保証のうちにね」。そうか、同じ会社の人が言うんだから、間違いないですよね。

というわけで、修理に出しました。バックアップ機は、以前愛用の某S社のもの。久しぶりに使うと、結構いいんだけど。

Nonnegative Matrix and Tensor Factorizations (2)

"Nonnegative Matrix and Tensor Factorizations (2009)"、えらく時間がかかりましたが、やっと到着いたしました。

最初から順序良く読むような本ではありません。ページ数も多いし、字も小さいです。さて、どうするか...

いま言えるのは、カラーの図がきれい!ということくらいでございます。勉強します!

Probability Theory: The Logic of Science (3)

Jaynesの、"Probability Theory: The Logic of Science (2003)"、おそらく日本では、ほとんど知られていない本だと思います。

まず、翻訳はない(はず)。さらに、私が本書の存在を知ったのが、James Stoneの、"Bayes' Rule: A Tutorial Introduction to Bayesian Analysis (2013)"、を読んだからですが、これの翻訳もないはず。なので、Jaynesの本は知られているはずはない、という帰結がなりたちます。

なので、本書を日本で見ることはないと思っていたのですが、果たして、先日訪問した、某S社某CSLにて、興味深い(というか、難しい)プレゼンをされていた方の、書棚に発見いたしました!(個人情報かな?気をつけないと)

ベイズ事後確率的に言うと、本書が良書である確率は、事前よりかなり、私的にはアップいたしました。

電気学会・次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会 (4)

本日(2015年10月21日)は、第七回次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会です。

場所は、東北大学・工学研究科および電気通信研究所。趣旨は、「画像やヒューマンインタフェースに関わるデバイス、システム、人間系、コンテンツ系の研究を調査する」、ということです。

見学ルートは以下です。かなりの盛りだくさん。

-------------------------------------------------------

12:30~13:20 藤掛・石鍋研究室「超大画面フレキシブルディスプレイの実現を目指して」
13:30~14:20 須川・黒田研究室「イメージセンサの性能追究と実用化開発~究極の感度・速度・波長帯域性能を目指して~」
14:50~15:40 石黒研究室「動物のしなやかでタフな振る舞いの制御原理を探る」
15:45~16:35 塩入・栗木・松宮研究室「我々は何を見ているか?」
16:40~17:30 北村研究室「人々の生活を豊かにするインタラクティブコンテンツの研究」
18:00~??:?? 懇親会 伊達のいろり焼 蔵の庄 総本店(仙台駅前)

-------------------------------------------------------

z変換

信号処理をやっていると、z変換というのにお目にかかります。離散フーリエのようなものと思っていましたが、思いのほかややこしい。

まず、離散信号(サンプリングされたもの)を、以下のように表します。Tは周期です。

x(t) = Σx(nT) --- (1)

でも、式(1)はなんかおかしい。tの関数ではないし、積分ができません。正確には、

x(t) = Σx(nT)δ(t-nT) --- (2)

でなければなりません。すると、式(2)は、ラプラス変換ができます。公式通りに、

X(s) = Σx(nT)e-snT --- (3)

となります。ここで、

z = eST --- (4)

とおいてやり、さらにT=1としてやると、式(4)は、

X(z) = Σx(n)z-n --- (5)

となって、z変換の公式が導けました。

Gist perception

先週(2015年10月16日)、ソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)のオープンハウスに行ってきました。最近知り合った、K氏より招待いただきました。招待がないと、参加できないみたいですね。

ここは、研究者には天国のようなところですね。もっとも、おそらくですが、圧倒的な成果も求められるのでしょうけれど。

茂木健さんもプレゼンされていました。著名人なので、最も人だかりができていました。私も話を聴きました。テーマは「人間の認知の様相」。キーワード(のひとつ)は、'Gist perception'、です。要するに、ヒトは視覚はあっても、それで捉えられたもの全てを知覚しているわけではなく、それをまとめた<印象>として記憶しているとのことです。つまり、情報圧縮を行っているということ。

記憶力がよい人がいますが、そのような人は、場合によってはですが、情報圧縮ができないこともあるようです。記憶力がよいので、全てのdetailを記憶してしまう。なので、情報圧縮する必要がない?それはさておき、茂木健さんによると、記憶力が弱い人は、創造力が高い場合があるとのことでした。つまり、圧縮技術が高いということですね。記憶力に自信のない方には朗報でありました(かな?)。

MCMC法 (2)

なぜか、MCMCのプログラムを試してみることになりました。

ベースはRですが、Stanも使われています。以前は、RとWinBugsの組み合わせが多かったようですが、最近ではStanなのでしょうか。

そこで、Stan(正確にはRStan)をインストールしようとしたのですが、これがうまくいきません。よくわからないのですが、Rのライブラリ・フォルダにプロテクトがかかっていると警告が出て、別のところ(プライベートのところ)にインストールされてしまった。

別のところにインストールされていても、Rでライブラリ・パスを追加すればよいのでしょうが、警告が気になって、これを解消しようとしていますが、なぜかダメ。こういうのって、ホントにイラつきます...

こんなことをやっているうちに、肝心のMCMC、忘れてしまいそう。

IT企業がなすべき5年10年先の未来への展望

昨日(2015年10月14日)、HISCO(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)主催、第12回経営改革ITフォーラムにアテンドしてきました。内容は、「IT企業がなすべき5年10年先の未来への展望」(当社は、関西支部法人会員、社長は理事)。場所は、グランフロント大阪(うめきた)でした。以下、プログラムです。

-----------------------------------------------------

基調講演
 総務省 情報通信国際戦略局
 『ICTの5年10年後の展望』
講演
 神戸大学大学院 工学研究科 教授 塚本 昌彦 氏
 『ウェアラブルの拓く未来』
講演
 立命館大学 情報理工学部 情報システム学科 教授 西尾 信彦 氏
 『G空間×IoTのミライ』
講演
 デジタルサイネージコンソーシアム 常任理事 江口 靖二 氏
 『デジタルメディア最前線 街と人と情報の関わり方』
パネルディスカッション
 モデレータ:中島 洋 氏 株式会社MM総研 代表取締役所長
 パネラー:本日の講演者4名
 『IT企業がなすべき、5年10年後の未来への展望』

-----------------------------------------------------

第16回東京夢舞いマラソン顛末記

先日(2015年10月12日)、第16回東京夢舞いマラソンに、連れと参加いたしました。連れの友達も一緒です。昨年の参加記事はこちら(↓)。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-1197.html

東京都庁(新宿)がスタート/ゴールです。新日本橋あたりで10キロ、そのあとスカイツリーまで行って、湾岸沿いを南下します。それからまた東京駅付近に出て、虎の門ヒルズ、東京タワー経由、恵比寿までぐるっと回って、新宿まで戻ります。昨年とまったく違うぜよ。

出だし、大久保付近の信号待ちで立ち往生しました。この信号、青になったと思ったら、すぐに赤に変わってしまうんです。10キロ地点で、すでに二時間くらい経過?これだと8時間制限に間に合わない!とは言っても、信号順守/走行制限の場所あり/観光もしなければ、ということで、16時20分ころゴール。スタートが9時ですから、7時間以上かかったことになります。疲れた~

これは!と思ったのが、10キロ付近の、「コレド室町」というところ。天井に大きなスクリーンが、アーケードみたいにかかっていて、なんとも独特な雰囲気です。いろいろなところで、いろいろなものが作られているんですね。だから東京、面白い!

関西出張 (12)

本日(2015年10月13日)は、大阪にまいります。あさって帰京です。

本日は、社内定例会議、明日は、「第12回 IT経営革新フォーラム」に参加します。主催はHISCO(ハイテクノロジー・ソフトウェア開発協同組合)、場所はグランフロント北館(うめきた)です。

CEATEC JAPAN 2015 (3)

CEATEC JAPAN 2015、昨日(2015年10月8日)は、懇親会に出席いたしました。昨年と同じ場所、ということですが、昨年参加していないので、これではわかりません。というわけで、教えてもらいました。JRの逆側でした。息子の勤務先本社が、すぐ見えます。

CEATEC出展関係者全体だと思っていたら、そうではなく、展示ブース関係者だけでした。考えてみたらそうですね。全体だと、ものすごい人数になりますから。

さて、ここにいらっしゃる方々は、3Dに思い入れのある方ばかりでしょうね。昔話などもいたしました。

CEATEC JAPAN 2015 (2)

CEATEC JAPAN 2015、昨日(2015年10月7日)、予定通り、フルアテンドしました。展示会は久しぶりです。

本日は懇親会に出ます。明日は、私が所属するサッカーチームのユニフォームを着ます。なぜか?だって、展示物が全て、サッカーに関係していますからね。これは当然の帰結で、まさに合理的です。周囲の冷たい視線が気になりますが...

3DBiz&立体協合同企画セミナー (2)

先日(2015年10月5日)、3DBiz研究会どのと、立体協との合同企画セミナーを開催いたしました。場所は、東京工芸大学・中野キャンパス。立体協で最近いつも使用させてもらうところです。

ここで、ステレオアイ代表・関谷隆司さんが講演されました。演題は「360度3Dの映像制作について」です。

関谷さんは、先月9月、'ISU 2015 World Congress Busan'という国際会議で、'HOW TO MAKE 3D-360 LIVE-ACTION VIDEO'という演題で講演されたのですが、それの縮小(及び日本語)バージョンです。つまり、本内容では、世界の第一人者。

内容はタイトルどおりで、いかにして360度の立体映像を作るか、ということです。私はこの問題は以前から考えていて、正確な映像を作るのは原理的に不可能と思っているのですが、果たして、関谷さんが実際に作られた映像は、非常にクオリティが高く、きちんと立体に見えました。撮像系も持ってきてもらいました(ここには書きません)。不思議です。もう少し考えます。

別のところで、同内容でお話してもらうことになりそうです。もちろん聴きにまいります。

CEATEC JAPAN 2015

CEATEC JAPAN 2015は、2015年10月7日~10日の四日間、幕張メッセにて開催されます。

本日(2015年10月6日)は前日ですが、なぜか展示に関わることになったので、現地に行きます。展示会の準備って、かなり久しぶりのような気がします。

3DBiz&立体協合同企画セミナー

本日(2015年10月5日)は、3DBiz研究会どのと、立体協との合同企画セミナーです。以下、会員宛のメールです。

-----------------------------------------------
3DBiz&立体協合同企画セミナーのご案内
------------------------------------------------

秋本番の時期となりました、皆様いかがお過ごしでしょうか。
この度3DBiz研究会と立体映像産業推進協議会で合同企画セミナーと拡大交流会を下記の通り開催することとなりましたのでご案内申し上げます。 お誘い合わせの上、皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2015年10月5日(月)(受付:13:30から)
合同企画セミナー  14:00-17:30
   拡大交流会     18:00から
場所:東京工芸大学 中野キャンパス 3号館3101教室
    http://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/nakano/
   (地下鉄/東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線-中野坂上駅下車徒歩約7分)

(合同企画セミナー)
14:00-14:05 ご挨拶
14:05-14:55 「海外映像展示会報告」BIRTV(北京)、IFA(ベルリン)、IBC(アムステルダム)
      講師:計測技術研究所 美馬聡史氏
15:00-15:50 360度3Dの映像制作について
      講師:(株)ステレオアイ 代表取締役 関谷隆司氏
16:00-16:50 裸眼4K3Dディスプレイの開発とビジネスの可能性
      講師:3DBiz研究会 代表幹事 大久保洋氏
17:00-17:30 HMD(360度)、裸眼4K3Dディスプレイのデモ
      講師:関谷隆司氏、三友(株) 樫尾研史氏

(拡大交流会)
18:00から 会場近辺(中野坂上周辺)にて開催いたします。

ISMAR 2015 (4)

本日(2015年10月2日)は、ISMAR (International Symposium on Mixed and Augmented Reality) 2015の三日目(私にとっては最終日)です。

昨日ですが、キーノートが面白かったです。Julian Oliver氏によるものです。Newstweek(Newsweekではない)というのが紹介されたので、ググってみてください。Newstweekは、Ars Electronica 2011で賞をもらっています。

このほか、氏は技術を用いたさまざまな試みをされていますが、「どうやってカネを稼いでいるのか」という質問がありました。それに対する回答は長くて、よくわからなかったのですが、ケースバイケースみたいですね。少なくとも、これを作るためのスポンサーがいる、という簡単な話ではないようです。

バンケットは、ホテルオークラにて。たいへん盛況でありました。

ISMAR 2015 (3)

本日(2015年10月1日)は、ISMAR (International Symposium on Mixed and Augmented Reality) 2015の二日目です。福岡国際会議場にて。昨日からこちらは雨模様。

昨日は、早朝に大分から博多に移動、荷物をホテルに預けてから、会場に向かいました。目当てのoral二件(HMDs/Depth Cameras)は、きちんと聴けました。やはり、MobileFusionですかね。それから、InfiniTamもインパクト大。調べます。
プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM・SIGGRAPH(Professional Member)/情報処理学会(正会員、CVIM会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)/URCF(特別会員)

----------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード