FC2ブログ

Bayesian Reasoning and Machine Learning

先日のSSII2014チュートリアル(2014年6月11日)で、某先生のスライドに参考文献として挙げられていた本です。

David Barber, "Bayesian Reasoning and Machine Learning", Cambridge University Press, 2012.

BishopのPRML本に対抗して(?)、BRML本と言うそうです。amazon.comでの評判もよろしい。出版年も新しいので購入してみました。

全体をパラパラと見渡した感じは、確かにPRML本より新しめの雰囲気ですね。例えば、グラフィカルモデルが最初のほうに出てきて、記述はこれで一貫しています。既に常識となったのでしょうか?

含まれている内容は、PRMLと似ています。出てくる順序は違いますが。PRMLに載っていないものも散見されますね。

書き方としては、PRMLがnarrativeなのに対し、こちら(BRML)は、より淡白な記述です。より百科事典的な感じがします。実際、5つのコースを想定し、そのそれぞれに対し、どの章を読めばよいかが表になっています。

もう少しめくってみた時点で、また報告いたします!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

本書籍は,以下のホームページからオンラインバージョンとして,PDFをフリーでダウンロードできます.
http://web4.cs.ucl.ac.uk/staff/D.Barber/pmwiki/pmwiki.php?n=Brml.HomePage

Re: No title

pokaさま、はい、私も持っております!でも、本が売れなくなりそうですけどね。
プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード