FC2ブログ

デジタルファブリケーションとVR (2)

なぜか私が<ゲストエディタ>となっている、日本VR学会論文誌CFPの再掲です。案内のコピペをいたします(VRSJ Newsletter Vol.19, No.10からのコピペです:コピペは引用元をはっきりさせる)。ご投稿をよろしくお願い申し上げます。

(ここから)--------------------------------------------------

■ 今後の特集予定 1 「デジタルファブリケーションとVR」
【募集要項】
 3Dプリンタの高性能化や,ファブリケーション技術の進化により,様々なことができるようになっています.ラピッドプロトタイピングだけでなく,少量多品種の物づくり,3Dプリンタで建築素材の作製,食品用3Dプリンタの研究や製品化,様々な医療分野への3Dプリンタの利用などです.また,3Dプリンタの低価格化により個人でも今までにできなかった物づくりが可能になってきています.さらには,実環境モデリングのようにファブリケーションのためのデータを作成する技術の研究も進んでいます.このように,3Dプリンタをはじめとするファブリケーション技術は,様々な分野で,仮想世界や電脳世界のデータを現実化・実体化する手段として急速に進化と普及が始まっており,VRや関連分野に与える影響も大きいと予想されます.
 本特集号のテーマである「デジタルファブリケーションとVR」は,こうした背景の中で企画されました.基礎,応用,コンテンツ,総論といった様々な視点での皆様の積極的なご投稿をお待ちしています.

【ゲストエディタ】
小池 崇文(法政大学)
岩井 大輔(大阪大学)
加納 裕 (ソフトキューブ株式会社)

1.対象論文
ファブリケーション技術や3Dプリンタ利用を前提としたVR/AR技術に関する理論的・実証的研究,各種応用システム開発やコンテンツ製作,評価等に関連し,下記のような分野を対象とします.
・VR/ARに関するファブリケーション技術の基礎・応用研究事例
・3次元形状の取得や,画像・形状処理,設計支援などのファブリケーションを支援する研究事例
・ファブリケーション技術による仮想世界・電脳世界のデータの現実化・実体化
・ファブリケーション技術を用いたデザイン・設計支援
・ファブリケーションのための実環境モデリング
・ファブリケーション技術を用いたインタフェース設計・ツールキット
・ファブリケーション技術のVR/AR技術応用事例
・ファブリケーション技術の教育・訓練応用
・衣・食・住に関するファブリケーション技術
・ファブリケーション技術を適用したアート,エンターテイメント作品(コンテンツ)
・本特集テーマに沿った評価,総説等

2.投稿方法
査読プロセスを円滑に進めるため「事前申込締切」を設けております.
投稿を予定している方にはたいへんお手数ですが,
・著者名・所属(全員)
・タイトル
・論文種別(フルペーパー・ショートペーパーから選択)
・論文カテゴリ(基礎・応用・コンテンツ・総説から選択)
・概要
を,期日までに論文窓口にメールでお送りいただくようお願い致します.

3.締切
◆ 投稿申込締切:2014年12月1日(月)
◆ 論文締切:2014年12月8日(月)

4.提出先
◆ 投稿申込
日本バーチャルリアリティ学会論文委員会
論文窓口:vr-paper[at]vrsj.org
    ※ [at]を@に変換下さい.
◆ 論文提出
論文投稿サイト:https://mc.manuscriptcentral.com/tvrsj

(ここまで)--------------------------------------------------
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード