FC2ブログ

Kernel Methods for Pattern Analysis

先日のSSII2010チュートリアルで、NTT・前田氏のご講演に興味を持ち、カーネル法に関する書籍をひとつ読んでみようと思いました。どうせ難しくて読めないことは分かっていますが、チャレンジだけはするのです。

当初は、Christopher Bishop氏の、"Pattern Recognition and Machine Learning (2006)"にしようと思ったのですが、amazon.comの書評を見ると、結構割れていて、判断が難しいところです。その中で、偶然星四つの評を見つけたのですが、これが正に書評の見本という、素晴らしいものでした。ちょっと紹介しましょう。

まず、以下の文で始まります。

"First of all, as some other reviewers have pointed out, the subtitle of the book should include the word 'Bayesian' in some form or the other..."

本書は、ベイジアンが前提のようですね(ところで、ベイジアンでないとすれば何か?)。続いて、以下の文です。

"...The reason this is important is because the Bayesian approach, although an important one, is not adapted across the board in machine learning, and consequently, an astonishing number of methods presented in the book (Bayesian versions of just about anything) are not mainstream..."

これはマズいですね...なぜならば、私の立場では、メインストリームを少しかじろうと思っているわけですから。この時点で、本書の購入可能性は薄れました。続いて、以下の文章。

"...The recent Duda book gives a better idea of the mainstream in this sense, but because the field has evolved in such rapidity, it excludes massive recent developments in kernel methods and graphical models, which Bishop includes..."

Dudaというヒトの書いた本も有名みたいですが、これにはカーネル法は載っていない、ということ。ちょっと古いみたいです。

というわけで、紆余曲折の末、"Kernel Methods for Pattern Analysis (2004)"を購入することにしました。消去法みたいなものですが、上記のような卓越した書評に接しなければ、本書を買うことはなかったわけです。ちなみに、本書は邦訳が出ていますが、私は技術書は原書に当たるというポリシなわけで...
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[思った]Jun. 19, Sat. 久しぶりの更新

昨日、仕事が終わって一日で書いたソースコードをステップ数カウンタにかけたら2キロステップ(C++)あった。 それでも見積もりどおりならあと10キロコーディングしなきゃ。あと5日で。 納期まで時間が足りないとき、皆さんはどうしますか? 新しい「MS Office クリップア

コメントの投稿

非公開コメント

頻度主義?

加納さん、こんにちは。

確率論において、ベイジアン(ベイズ主義)でないとすれば、頻度主義ということですよね。両者の違いは事後確率を認めるか否かということと理解しています。機械学習においては、ベイジアンフィルタを使用するか否かということでしょうか?(正直良くわかっていません...)

再来週、確率論の期末試験です。
なかなか思うように勉強時間がとれてません...

No title

さすが勉強していますね。私はよくわかりません。今後つくばに行くので、教えてくださいね。
プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード