FC2ブログ

立体協ラウンドテーブル (4)

立体協では、2016年2月24日に、ラウンドテーブルを開催いたします。みなさま、奮ってご参加ください!以下、会員宛のメール(抜粋)です。

(ここから)-----------------------------------------------

このたび以下日程にて、立体協ラウンドテーブルを開催いたします。
今回は【錯視】をテーマといたしました。ふるってご参加ください。

※「ラウンドテーブル」はセミナーにありがちな一方通行の情報提供ではなく、
 登壇者同士や来場者との対話やディスカッションを可能にすることを目的としております。

百聞は一見にしかず、我々の視覚は人間の五感の中で最も情報量が多く
精度が高いものと考えられています。しかし、我々の認知は時として大きく誤り、
現実に存在しないものを感じ取ってしまうことがあります。
この現象は錯視と呼ばれています。
最近の錯視や視覚質感の研究をを通じて視覚のからくりを考え、
新たな視覚メディアの可能性を探ります。

なお、参加の可否は【2月19日(金)】までに文末返信フォームにて
事務局(n.kita@adcom-media.co.jp )までご返信いただきますようお願い申し上げます。

●日時:2015年2月24日(水)15:00~17:15
    ※17:30~ 交流会(会費3,000円~4,000円)
●会場:東京工芸大学 中野キャンパス 1号館2階1201教室
    https://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/nakano/
    ※いつもと会場が違いますのでご注意ください!!
●参加費:
 ・立体協会員 無料
 ・非会員参加費 3,000円
※ただし、当日5,000円をお支払いただければ、個人会員として
 立体協入会、2016年度分年会費として徴収させていただきます。

●タイムスケジュール
15:00 開会
15:00~16:00 「錯視のニューロサイエンス」
        立命館大学 北岡明佳先生
16:10~16:55 「視覚質感の科学的検討および変幻灯の開発」
        NTTコミュニケーション科学基礎研究所 河邉隆寛様
16:55~17:15 聴講者、学生さんを交えての討論(ラウンドテーブル)
17:30~    中野坂上駅近くで交流会

※ラウンドテーブル終了後、中野坂上駅周辺にて交流会を開催いたします。
 参加費はお一人あたり3,000円~4,000円を予定しております。
 講演者の皆様にもお時間が許す限りご参加いただく予定です。
 こちらもぜひふるってご参加ください。

(ここまで)-----------------------------------------------
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード