平面の当てはめ (2)

湘南工科大学の非常勤講師、夏季集中のカリキュラムを検討中。線形代数です。

内容は、ベクトルと行列です。難しいことはやらず、かつ実用的な題材を提供したい。社会で役立つものです。

そこでですが、まず前半は、三次元の幾何学をやります。ここでの登場人物は、点/平面/直線。ここで、ベクトルを習得してもらう。実際の応用ではn次元になるので、次元数によらない計算技術の習得を目指します。

そして、後半。ここで行列を出すわけですが、ここでの題材をどうするか?いろいろ考えて、共分散行列を登場させようと思いました。難しいって?そうなんですが、実用上、これ以上に重要な行列はないはず。何とか主成分分析まで持っていきたい。なので、固有値問題をかすります。難しいかな?でも、固有値問題って、何に使うのか、知らないひとが多いんです。登場のステージとしては、うってつけだと思います。

ここまで済ませたとして、最後のネタで、前半と後半を融合させたいと考えました。そこで思いついたのが、以下のもの。

http://kanouy.blog9.fc2.com/blog-entry-577.html

これ、締めとして、よくないですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(横浜オフィス)
2011年11月甲南大学特別講師
2011年11月関西大学特別講師
2012年11月東京理科大学特別講師
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
立体映像産業推進協議会(幹事)/電気学会・第二期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/三次元映像のフォーラム(幹事、監査)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)・力触覚の提示と計算研究会(委員)/ACM/SIGGRAPH(Professional Member)/情報処理学会(正会員、CVIM会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)/最先端表現技術利用推進協会(個人会員)/URCF(特別会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード