FC2ブログ

魚金会 (5)

数学愛好者による「魚金会」、七回目が2019年11月18日に開催されました。

今回のテーマは、「リーマン幾何学」です。担当はMさん。

最初にK先生より、テンソル代数の基本事項のレクチャを受けました。ここはOK。そのあと、外積代数に移行するわけですが、これは三次元空間でないといけないところです。物理はそうなっている、ということをK先生にお伝えしたところ、数学の達人であるK先生はこのような事情をご存じなかった。数学の人はこうであります。

ちなみに、外積代数に移行するところは、イデアルを使って商空間として定義するやりかたもあります。しかし、ここは習得していませんので(商空間は苦手)、自習します。

そのあと、リーマン幾何学に入りました。まずはリーマン計量のところですが、ここがなかなか終わらず。緻密にやりだすと、難所がいろいろとあるみたいです。私は最後は集中力が切れました。

飲み会は、恒例のJR渋谷駅新南口付近の魚金にて。かなり食べて飲んで、4千円弱。コスパがいいお店です。話が楽しいので、最近長居するようになりました。22:48渋谷発湘南新宿ラインにて帰路。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第四期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(委員)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード