FC2ブログ

SIGGRAPH[ASIA]2009 (4)

本日(2009年12月17日)は、SIGGRAPH Asiaの二日目です。ところで、昨晩の、Technical Papers Fast Forward Session(18:00-20:00)は素晴らしかったですね。よくあんなビデオ、みなさん作りますよね。

9時から、Technical Papersの、"Texturing"を聴きました。最初のセッションですね。東海道線と京浜東北線が止まっていて(いつものこと)、ギリギリになってしまった。

本セッション2番めの発表は、"Feature-Aligned Shape Texturing"という題です。<テクスチャというのはmicro shapeである>、という考察から、形状(=macro shape)に合致したテクスチャの貼り方を追及したものです。誠にまっとうな動機でありまして、私も遥か昔、テクスチャの自動貼り付けをやったことがあって、そのときにいろいろと考えたのでした。難しい、且つ重要な問題ですよ。

この発表では、形状の輪郭線に着目して、それを境界条件として、中のテクスチャの貼り方を決めてゆく、ということをやっています。これは、数学や物理に強い人であれば、うまく定式化できそうですね。

昼のNVIDIA社David Kirk氏の基調講演では、OptiXという、レイトレのCUDA実装が紹介されました。私はOptiXというのを初めて聞いたのですが、すでに有名なのでしょうね。あとで調べてみたら、本国の今年のSIGGRAPHで発表されたものだそうです。それにしてもレイトレは、1980年Whittedのころから、かなりさま変わりしましたね。

Kirk氏は、voxelについても触れていました。氏によると、voxelはかなり有望とのことです。アナロジとして、z-bufferを挙げていました。Z-bufferが考案されたのは、はるか昔ですが、考案者は、メモリを食うので実用的ではない、と当時言っていたそうです。ところが、今の状況はご存じのとおり。前職のバイトPh.D.学生、W大SFくんも聞いていたようですが、彼の研究はvoxelレンダリングなので、多少とも嬉しかったようです。がんばれ!

午後は、coursesの、"Casting Shadows in Real Time"を聴きました。すばらしいイントロに続いて、Shadow MapsとShadow Volumesの基本的説明。これもわかりやすかったです。Shadow MapsはOpenGLでおなじみですが、Shadow Volumesを私は実際に使ったことがなかったのです。でも、この説明でよくわかりました。ステンシルをうまく使うんですね。

あとは、Shadow Mapsのクオリティを上げる、さまざまな研究事例の紹介。考える人は考えますね~。Shadow Map Warpingというのは、なにやら想定の範囲ですが、影かどうかを判定する関数がステップ関数なので、それをフーリエ展開して利便を引き出すアイデアはすごい!ステップ関数をフーリエで展開するのは、遥か昔の大学の授業でやりましたが、まさかShadow Mapsで出てくるとは...参りました。

専門家の話を聞くのは便利です。固定時間で済みますしね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード