FC2ブログ

天璋院篤姫 (2)

宮尾登美子氏の、「天璋院篤姫」(新装版文庫・上下巻)は、やっと下巻です。なぜ読むのが遅いか?それは、いろいろな本をパラで読んでいるからです。仕事もしていますしね。もっとも、読むスピード自体も遅いですが。

さて、下巻の最初(80ページあたりから)、井伊直弼が急死する場面があります。いわゆる、桜田門外の変で、1860年のことですね。水戸藩士の浪士らに殺されたのです。安政の大獄で、かなり恨みを買いましたからね...

井伊直弼の後任が決まったのち、滝山が篤姫に面会を求め、自身の非を認めます。なぜって、滝山が彼を推輓(原文どおり、推挙のこと)したのですからね。篤姫は、当然、「だから言ったじゃねーか、このバカヤロー」と罵るかと思いきや、誠に客観的にものを見て、滝山には全く非はないと思い、逆に彼女を励ましたのでした。

私はこの場面を読んでいて、篤姫も、松下幸之助氏のおっしゃった、<素直な心の初段>の持ち主と思いました。本書を読んでいると、この場面だけではなく、篤姫は自分の意見を常に持ちながらも、相手の意見にきちんと耳を傾け、「なるほど」と思うこと、度々だったのでした。

でも、当時篤姫は、まだ20代の半ばだったんですけど...さすがは大河ドラマの主役を張る人物、器が違ったというわけです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード