コンピュータ将棋 (3)

コンピュータ将棋(ボンクラーズ)が、ついに男性棋士を負かしてしまいました(2012年1月14日)。負けたのは、米長邦雄氏。引退したとはいえ、元名人で、現将棋連盟会長ですからね。よく対戦されたと思います。一昨年の、清水市代女流王将(当時)のリベンジだったと思うのですが、返り討ちにあった形。

たぶん、ここまで来ると、数年後には、どんな棋士もコンピュータには敵わなくなるのは、想定の範囲でしょうね。ちょっと残念ですが、これはやむを得ない。囲碁はまだまだ大丈夫みたいですけどね。

不思議なのは、いまのコンピュータ将棋は、<教師あり学習>であることです。パラメータの自動調整機能がブレークスルーと言われていますが、原点は教師あり(=棋士同士の棋譜が教師)なのです。つまり、コンピュータが自力で斬新な手を指しているわけではありません。それでも、一流棋士に勝ってしまうのです。このあたりの理屈を、わかりやすく説明してほしいものです。いまは、結果的に勝っているだけで、なぜ勝ったのか、理由がわかりませんからね。でも、まあ、自分がなにか斬新なアイデアを思いついたとき(思いつかないけど)、その理由が自分でもわからないのと同じでしょうか。

コンピュータ将棋に代表される、このIT技術、ほかの何かに応用できないのしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(横浜オフィス)
2011年11月甲南大学特別講師
2011年11月関西大学特別講師
2012年11月東京理科大学特別講師
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM・SIGGRAPH(Professional Member)/情報処理学会(正会員、CVIM会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)/URCF(特別会員)

----------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード