FC2ブログ

Tertle Talk

先日、ちょっと休暇をいただいて、連れと東京ディスニーシーに行ってまいりました。これまで何度か足を運んでいますが、ここ数年はご無沙汰です。休日は混むので、平日に限ります。

目新しいものとしては、"Tower of Terror"がありました。これは知らなかったので、あとから調べてみると、2006年オープンとのことでした。ということは、少なくとも5年は来なかったことになります。フリーフォールなのですが、かなり怖いです。私はこの類のものは苦手...でも、なぜか二回も乗ってしまった。

さて、開場9時直後に入り、既に夜9時なので、12時間いたことになります。メジャーなものは全て制覇して、ビールやワインも飲み、そろそろ疲れたので帰宅ですが、最後に、"Tertle Talk"というのに入りました。これは大して期待していなかったのですが、3DCGの観点から見ると、なかなかでした。

2009年オープンなので、最新というわけではないのですが、要するに、リアルタイムCGでカメ(Crush)が客と会話を交わす、というものです。CGも綺麗ですし、ちゃんと声に合わせて口が同期します。

推測としては、客を観察できるヒトがどこかにいて、そのヒトが客を特定して(そこの誰々!などと言う)、会話します。そのヒトの喋りはリアルタイムに音声が解析され、それに基づいてカメの口が同期する、ということでしょうか。完成度は高いと思いました。でも、この会話するヒトの負荷はかなりのものですね。会話のプロでないと、とてもできないと思いました。

私はこのアトラクションの間中、これがどのように機能しているのかを考えていたのですが、連れは、「カメにあてられたらどうしよう~」などと恐れていたそうです。確かに、カメに名指しされるという経験は、なかなかないですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード