FC2ブログ

立体視3DCGアニメーション制作 指導者向けセミナー

先日(2012年8月27日)、「立体視3DCGアニメーション制作 指導者向けセミナー」に参加いたしました。主催はCG-ARTS協会どの、講師は宮島英豪さん(S3Dスーパーバイザー)です。

私はもちろん制作者ではなく、実習もあるというのでビビっていましたが、初めて使うMayaやAfterEffectはなかなか楽しいものでした。このような機会でなければ触れません!しかしまあ、Mayaの機能の多そうなこと...

本セミナ内容の詳細は、以下のHPをご覧ください。

http://www.cgarts.or.jp/seminor/information/120629/index.html

当日は、午後の遅くに遠方で所用があったので、半分(3時間)しか聞けなかったのですが、それでも楽しめました。特筆すべきは、Mayaの立体視サポート。カメラモデルとして、"Parallel"、"Converged"、"Off-axis"の3種類が装備されています。結局のところは、"Off-Axis"を使うのがベストなのですが、"Parallel"、"Converged"があるので、それらの比較が瞬時にできます。今回のような教育目的には最適でしょう。

たとえば、"Converged"と"Off-axis"の比較。前者は周辺で上下ズレが生じますが、後者では出ません。従って、後者が優れているわけですが、これらの比較が簡単にできます。やはり上下ズレはダメだと再確認。目が疲れます。

宮島さんの説明は非常にわかりやすく、お勧めのセミナであります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加納裕(かのうゆたか)

Author:加納裕(かのうゆたか)


[略歴]
1983年3月東京工業大学工学部機械物理工学科卒業
1983年4月(株)図研入社
1987年1月同社退社
1987年2月(株)ソリッドレイ研究所を6名で設立、取締役
1994年3月同社退社
1994年4月(株)スリーディー入社
1996年10月同社取締役
1999年12月上海大学兼務教授
2002年10月同社代表取締役
2009年9月ものつくり大学非常勤講師~現在
2009年10月同社代表退任/退社
2010年1月ソフトキューブ(株)入社~現在(技術顧問)
2017年4月湘南工科大学非常勤講師~現在


[業界団体・学会活動]
電気学会・第三期次世代インタラクティブディスプレイ協同研究委員会(幹事)/最先端表現技術利用推進協会・アカデミック部会(旧:三次元映像のフォーラム)(副部会長)/日本バーチャルリアリティ学会ハプティクス研究委員会(委員)/ACM(Professional Member)/情報処理学会(正会員)/3Dコンソーシアム(賛助会員)/URCF(特別会員)

---------------------

前職:立体映像産業推進協議会(幹事)/日本バーチャルリアリティ学会・論文委員会(委員)/3DBiz研究会(個人賛助会員)


[資格]
TOEIC805点
数学検定1級(数理技能)
中型・普自二免許
サッカー4級審判員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード